男女

不動産を所有しているのなら空室対策をしっかり行おう

お勧めの土地活用法

駐車場

駐車場の施工は他の土地活用法と比べ比較的容易に行えるのが特徴です。マンションやアパート経営に比べ期待出来る収入の面では劣りますが、土地の広さによる駐車場の規模に融通が利き、リスクも少ない駐車場経営は現代の土地活用法では最もお勧めの方法です。

More...

家賃収入で稼ぎたい場合

スーツの男性

家賃保証のサービスを利用すれば、空き室や家賃滞納に悩まされることがなくなります。賃貸業における面倒な手間も任せられる場合があります。安定した収入を得るなら、家賃保証サービスを利用しましょう。

More...

アパート運営でお悩みの方

マンション

利益を上げるアパート経営を一人で行うのは難しいため、賃貸管理会社にそれをお願いすることをおすすめします。特に面倒な業務である入居者を集めることや家賃回収を効率よく行ってくれます。また、アパート内でのトラブルも早急に解決してくれます。

More...

不動産賃貸と空室

スーツのメンズ

今後の不動産賃貸の動向

現在賃貸用のマンションなどが多く建設されています。なぜ賃貸用のマンションなどが多く建設されているのかというと、その理由のひとつとして相続税の影響があります。相続税は従来に比べて課税が重くなっています。この相続税を節税するために不動産が活用されています。なぜ相続税の節税に不動産が活用されているのかいうと、相続税の評価方法にその理由があります。相続税の評価は、財産評価基本通達に従って行われます。たとえば現金1億円を保有している場合と時価1億円の不動産を保有している場合であれば後者の方が約8割ほどの評価になります。今後の不動産賃貸の状況は、競争が厳しくなってくることが予想されます。その理由としては賃貸マンション自体の数が増えてきているからです。

空室を防ぐ方法

不動産賃貸はいかにして満室経営を行うかが経営のポイントとなるため、空室対策を行うことが大切となります。空室対策はいくつかあります。そのひとつとして家賃設定を見直すという方法があります。これは周辺地域の相場動向を調査分析することによって見直しをすることができます。もし空室が続いているのであれば、その家賃設定は周辺に比べ高いといえます。他の空室対策として設備を充実させるといいでしょう。たとえばインターフォンをカメラ付きのインターフォンに変えることも防犯意識の高い現在では非常に人気のポイントとなります。またこれらの空室対策と合わせて賃貸仲介業者に対して普段から営業していくことも大切になります。